KO球の耳とは・・・


KO球の耳とは、
市販マイクに、私(KO球)がカスタマイズを施した、マイクシステムです。

録音方式は、バイノーラル配置、ワンポイント、LRセパレートなど、
収録シーンに合わせた使い分けが可能。

完璧なマイクは存在しないというのが前提であるため、
”KO球の耳”は未完成マイクですが、
『聴いたように録る』ことを第一の目的とし、
今後も工夫を重ねて進化させていきます。




<バイノーラル録音方式について>

バイノーラル録音方式とは、基本的にはダミーヘッドや自分の耳に
全指向性(無指向性)マイクを装着して行う録音方式。
よって、再生方法は原則ヘッドフォン(イヤフォン)に限られる。

バイノーラル録音の利点としては、立体音響とか、頭外定位など、
一般的には挙げられているが、実際には、
前方の音源に対しては音像や定位感が薄く、
収録された音源の電気的処理なしでは明確な前方定位は得られないようだ。

頭外定位も限定的な場合が多く、
閉塞感のないフレームレスで広大な音場を得るためには、
マイクそのものの特性やヘッドフォンの性能も大きく関わってくる。
勿論、Fレンジ、音質、音色なども、 大きく左右されることは言うまでもない。

また、スピーカー(L+R)で再生した際、音全体が甲高く感じられる傾向があるので、
スピーカーの音作りのために音源を使用する際は注意が必要。


余談だが、立体音響技術として有名な”ホロフォニクス(Holophonics)”は、
技術的な詳細は明らかになっていないが、前方定位も感じ取れる。



<ワンポイント A-B配置 X-Y配置 について>

A-B配置は、L、Rが独立したマイクの場合、
左右の間隔や角度設定の自由度が高まり、ベストポジションを探りやすい。
ただ、マイクの間隔を広げすぎると、ワンポイントにはならない。

X-Y配置は、左側のマイクを右に向けてRchを録り、
右側のマイクは左に向けてLchを録る。
L、Rのマイクは縦に重ねる場合が多いが、
数センチ程度離して並列位置に設置されているものもある。



<LRセパレート>

会議などで、座席位置の離れた人の声を録る場合や、
L/Rのスピーカーそれぞれにマイク1本を割り当てて、音を収録することができる。






inserted by FC2 system